『マルエフ』アサヒ生ビールを販売してる店がある!味は?

流行モノ

こんにちは!キニナルりんごです。

9月14日に販売された復刻版アサヒ生ビール通称『マルエフ。売れすぎて発売から4日で生産が追いつかなくなり一時販売中止になってしまいましたよねー。

そんなアサヒ生ビール通称『マルエフが売ってる店舗を見つけました!!

ルンルン気分で購入しました♪どこのお店?味は?

レポートしたいと思います!

アサヒ生ビール通称『マルエフ』って?

1986年に発売されてから30年もの間、愛され続けている『マルエフ』。

現在は限られた飲食店でのみ樽生で展開しているそうです。

そんな『マルエフ』が自宅で手軽に飲める缶になり発売されました。

ではなぜ『マルエフ』というのか?と疑問ですよね。

復刻缶にも描いてある鳥。

これが幸運の不死鳥を意味する「Fortune Phoenix」で、頭文字を取った開発記号のFを丸かこみしたものだそうです。

1986年のアサヒビールは低迷しており、復活の願いを込めて「幸運の不死鳥」を起用したんですって!

缶になって登場した『マルエフ』のお味は、1986年発売当時のまま!!

パッケージは大きく変わりました。

1986年当時はこれ↓

私が実際に購入してきた『マルエフ』はこれ!↓

レトロな雰囲気漂いますが、それもまた今っぽくオシャレです!

アサヒの代表的ブランドとして「スーパードライ」に次ぐ第2の柱に『マルエフ』を育てる考えだそうですよ!

販売している店舗がある!!

第2の柱にするつもりの『マルエフ』ですが、今は一時生産中止。

たったの4日間で販売されなくなってしまったのでまだ飲んでいない人も多いのではないでしょうか。

それがなんと!先日、フラッと立ち寄ったお店で販売されているではありませんか!!

しかもケースのまま山積みされていました!

「えっ!?」と二度見。そしてじっくり観察。絶対正真正銘『マルエフ』!!

まだ販売している店舗があるなんて…あるところにはあるんですね〜。では販売店をご紹介♪

私が買ったお店、それは…

福井県の敦賀市(つるがし)にあるドンキホーテです!!

*現在販売終了しています

人口も少ない福井県にはまだフツーに山積みで販売されてますよ〜w

しかもドンキホーテにまだ山積みで販売されてるなんてかなりビックリで目を疑いました!

お近くの方はぜひ購入を!!

『マルエフ』の味は?

普段は第3のビールか発泡酒の我が家…

本物ビールですからね、その時点で美味しいに決まってるんですがw

どちらかというとキリン派なんです。アサヒは苦味が足りない感じで。

ですが、『マルエフ』はいける!!苦味も十分あって美味しかったのです!

さすが第2の柱ですね。

プレモルやエビスのようなフルーティーなビールを好む方には向いていないかも。

喉越しもよく、苦味も程よい

アサヒ生ビール『マルエフ』は、パッケージがかわいいだけじゃない!美味しいビールでした!

まとめ

アサヒ生ビール『マルエフ』は1986年から愛されている歴史あるビール!

アサヒ生ビール『マルエフ』を販売しているお店は福井県の敦賀市にあるドンキホーテ!(現在販売終了)

アサヒ生ビール『マルエフ』の味は苦味も十分喉越しもいい、ザ・ビール!といった味!

いかがでしたか?アサヒ生ビール『マルエフ』をまだ飲んでいない!という方。

感染対策バッチリで旅行も兼ねて福井県敦賀市へ出かけてみてはどうでしょう?

それにしてもアサヒ生ビール『マルエフ』の再販はいつになるのでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
流行モノ
スポンサーリンク
キニナルりんごをフォローする
みんなのキニナルNavi

コメント

タイトルとURLをコピーしました